討論部門

討論部門の特徴は、ゼミナールで学習したことをもとに、大学・学部の垣根を超えてテーマを同じくするパートナー同士で討論を行います。日頃のゼミナール活動を通して培ってきた知識をもとに、お互いの意見を交換し、他大学との交流・研究を深めることを目的としています。

討論部門における「討論」では、ゼミ対抗といった優劣を競うものではなく、様々な立場から自由に討論することで、社会問題とその解決方法の模索や新しいビジネスプランの創出を考えることを目的とし、今後の就職活動や就職に役立ち、つなげることができます。


◆身に付けることが出来る力

・論理的思考能力

 一つのテーマや物事を客観的、論理的に捉えることで論理的思考力が身につきます。

・情報収集力、情報活用力

 社会問題について模索・討論することで自身の見解が広がります。

 資料を活用・管理することで情報の整理力が身につきます。

・発信力、対応力

 相手の主張を適切に理解し、まとめ、反論する発言力、指摘する力、討論しながら情報や論理構造を整理する力が

 身につきます。

・コミュニケーション力

 他大学の学生と討論を通じ、学識を広げると同時に対話力が身につきます。


お知らせ

「テーマ設定会議」は中止いたします

 新型コロナウイルス感染防止のため、実行委員会で協議した結果、参加者の皆様および大会運営にご協力くださる加盟校の皆様の健康を考慮し、6月27日(土)に予定しておりました「テーマ設定会議」は中止することに決定いたしました。

 「テーマ設定会議」で行う予定でした分科会結成は、代わりに設けさせていただきました「分科会申請期間」に各パートで申請を行っていただきます。詳細は再掲いたしました「討論部門参加要項_改定版」をご覧ください。不明点等ございましたら、インナー大会討論部門(inner2020.kanto.touro@gmail.com)までご連絡ください。ホームページにございます「お問い合わせ」からもご連絡可能ですのでそちらもご利用ください。

 ご連絡が直前になってしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。また、ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。

今後のスケジュールについて

 現在、インナー大会討論部門は11月15日(日)の本番に向けて準備を進めております。しかし、今後新型コロナウイルスの状況によってスケジュールや開催方法を急遽変更することがございます。変更等がございましたら、ホームページやSNSでご連絡いたします。

大会詳細

参加申し込み

討論部門参加申し込みは終了いたしました。

たくさんのお申し込み、誠にありがとうございます。

ダウンロード
討論部門参加要項_改定版.pdf
PDFファイル 1.6 MB

テーマ趣意文

第1回分科会申請で分科会を結成できなかったパートと、未成立パートの受け入れが可能な分科会のテーマ趣意文を「未成立パート一覧」と「未成立パート受け入れ可能分科会一覧」にまとめました。

分科会申請を行う前に各パートの「テーマ趣意文」をご覧いただき、討論したい相手パートを見つけてください。

また、ご自身のパートのテーマ趣意文が掲載されているかをご確認ください。

記載されていない等ございましたら、お手数ですが、討論部門までお知らせください。

ダウンロード
未成立パート一覧.pdf
PDFファイル 1.7 MB
ダウンロード
未成立パート受け入れ可能分科会一覧.pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
未成立パート、未成立パート受け入れ可能分科会一覧.pdf
PDFファイル 2.0 MB

分科会申請

テーマ設定会議で行う予定でした分科会結成は、分科会申請期間を設け行います。

分科会申請は2回行います。

第2回分科会申請期間:7月6日(月)~7月10日(金)

下記の「第2回分科会申請フォーム」から分科会申請を行ってください。

【注意事項】

・前回同様、「参加者通信Vol.1」と「分科会申請方法」をご確認のうえ申請を行ってください。

・申請は上記にある「未成立パート一覧」と「未成立パート受け入れ可能分科会」をご覧いただき、希望パートの番号をご確認ください。実行委員会で各パートに番号があっているかの確認は行いませんのでご注意ください。

・前回の改善点を活かし、今回はご自身が申請を行ったパートの連絡先をお送りする予定です

 

分科会申請番号5 神奈川大学清水俊裕ゼミナール山田隆夫パート・日本大学加藤恭子ゼミナール15期パートは未成立パート受け入れ不可の分科会であったため、一覧から削除いたしました。5番に申請することは出来ません。

大変失礼いたしました。何卒よろしくお願いいたします。

討論部門チラシ

   第60回インナー大会討論部門のチラシを作成しました。

   Twitterでの情報発信に加え、Instagram・LINEでの情報発信を行っていきます!

   インナー大会にご参加される方はもちろん、興味のある方も是非フォローしてください!

  年間スケジュールも記載してあるので、ご覧ください。